SHINTO TOWEL INNER PILE TOWELのレビューです。使用期間は1ヶ月。それぞれ2回使用→洗濯というルーティンは2.5-PLY同様。こちらもメーカーさんでは風合いを保つために柔軟剤不使用を推奨していますが、我が家では事情により柔軟剤を毎回使用して洗濯しています。 画像は未加工のまま掲載しています。

INNER PILE TOWELのご購入はこちらから

使用サンプル:INNER PILE TOWEL バスタオル

左が新品、右が1ヶ月使用したもの

新品

1ヶ月使用

新品

1ヶ月使用

1ヶ月使用

<1ヶ月使用した感想>
・色に変化なし
・新品の状態より水の吸いが良くなった。
・生地の目が詰まり肌触りが良くなった。
・すぐ乾く(2.5-PLY>INNER PILE>一般的なタオル)
・サイズが少し大きくなった。
・新品より厚みが1.5倍程度に膨らんだ。
・タグが縮んだ(ほつれ無し)。
・多少の繊維のダマができている。
・洗濯時にケバ(繊維)が出る。
・他の洗濯物への色移りはしていない。
※使い方や洗濯環境により上記結果は変わってくる可能性があります。

「ボリュームがあるのに軽くて柔らかい。 ガーゼとパイルの良さを兼ね備えたタオル。」まさにその通りでした。使用後の方が新品状態よりふっくらと膨らんでふわふわフカフカ感が倍増したのには驚きました。

左:1ヶ月使用 右:新品

1ヶ月使ってこんなに膨らんでいるんですよ!これはすごい。水通しすることで空気をより多くふくめるようになったという事でしょう。意味もなく顔を埋めたくなります。 このボリューム感ですが、非常に軽くて柔らかいので、握力のない方でも十分に使いこなせます。

2.5-PLYほどの速乾性はありませんが、普通のタオルよりは早く乾きました。 洗濯時にケバが少し出ましたが、他の洗濯物に付く程では無いです。これは一緒に洗う物や洗濯機によっても変わってきそう。ちょうど昨日から我が家の洗濯機が新型に変わりましたので、様子を見てまたレポートしますね。

2.5-PLYとINNER PILE、どっちがいいの?というと、両方ともタオルとしての基本的な性能は遜色ないですから、完全に好みの問題になります。あえて言えば、速乾性と吸水性を活かして手早く使いたい人は2.5-PLY、ゆったり贅沢にお風呂上がりを楽しみたい人はINNER PILEというイメージですね。例えば、我が家の脱衣場が非常に寒くて1秒でも早く拭き上げて脱出したいので、店主は2.5-PLY派です。店主妻はお風呂上がりにもっちりふわふわに包まれるのが最高だからINNER PILE派だったりという感じです。

【2.5-PLY GAUZE TOWELのレビューもチェックしてみる】

今回ご紹介したINNER PILE TOWELのご購入はこちらから